悪い子の支払督促

ちょっと虎舞竜したもんで、裁判所行ってきました。ってことで体験談をw

一般の人には何の役にも立たない支払督促からの強制執行の手続きの流れですが、
まず前提条件として、金貸した証明が必要になります。
実は手続き上は契約書必要ないんですが、間違って本チャンの民事訴訟に移行したとき、
(まあ大体和解勧告になるはずですが)
あるとないとではこちらの有利不利が変わるからです。
ただ個人的に貸したとかの場合はまず契約書なんてないので、
そういう場合は内容証明を送っておきます。
ポイントは内容証明にいついついくら貸しただろってのを明確にしておくこと。
さらに内容証明が相手に到達したかどうかの確認
(これは配達記録付けなくても届かなかったら戻ってくるので良いような気もしますが、一応親展と一緒に付けるといいっぽい)
内容証明は、ぶっちゃけ文章が郵便局に届けられた文言から1文字も変更ないですよという証明に過ぎないので、
届かないと効力が発揮されません。
本人が受取拒否したら効果なし。
なので、送付するときは本人の家、実家、相手方会社など、とりあえず届きそうなところに全部送る戦法が良い模様。
ちなみに今回はそれでやって、2件不達1件到達しました。
実家に送った時に、本人以外が受け取った場合、俺は受け取ってない!と言い出す輩もいると思いますが、
家族が受け取った時点で本人に回覧されると推定され、本人が中身を見てようと見ていなかろうと、
こちらが送ったという事実と、中身に関しては承知できる状態にあったと推認できるという判例がありますので、
ぶっちゃけ受け取らせたら勝ちです。

でまあ、内容証明送って支払わせたら一番楽なんですが、
今回は払わなかったわけですよこれね。
まあ支払いの請求書とかもこっちにはあったんでまとめて全部送りつけてやったんですが、
請求書もガン無視、連絡もよこさない、内容証明は(着いたけど)無視、
となると、裁判しかないわけですよ。

ただ、少額訴訟から支払わせるのは手続きがめんどくさくて、
(勝訴して支払い命令が出ても、相手方がお金ないよ~とかいうと、強制的に支払わせることができない)
じゃあもうなんかあったら強制的に取り立てられるようにしようってので支払督促なわけです。

支払督促っていうくらいなので、あくまで払えよって促しなんですが。
自分で出すのと違って裁判所が文面等全部やってくれます。
まあ何をかくかって言うのはこっちで提出するんですが、裁判所のフォーマットに落とす仕事は書記官がやります。

支払督促にかかる費用は、10万円ごとに500円です。
10万なら500円、11万なら1000円です。
ちなみに少額訴訟の場合はこの額の倍です。というか訴訟費用の半分が督促費用なんですが。
そのほかに、送付するハガキ・切手を納めます。現物で。

そして、何年何月何日に誰々に対していくら貸したというのを書くんですが、
大量にある場合は別紙に列挙します。今回はやばいくらい書きました。小口で金出し過ぎだ俺。
書記官が電卓で3回検算するくらいの量でした。
散り積もって怖いね。

んでまあ提出→受理→送達の流れですが、
相手方がこの送達した受取を拒否る可能性があります。
そこはでも心配無用で、裁判所の書類は送達された事実があれば受け取り拒否できないことになってます。
郵便局員が受け取り拒否られたら玄関に投げ込んだりとかしていいことになってるらしいです。怖い。
投げ込まれて相手が捨てたらどうすんだってのは、捨てたやつが悪いってことで、受け取りとみなされます。
とにかく送達された時点で中身知らないというのが言えないわけです。

相手は中身を確認して、異議申し立てができます。
俺はこんな金借りてないとか、買った覚えがない、とか言えるわけなんですが、
この申し立てがなされない場合は、2週間たつと仮執行宣言の申し立てがこっちからできます。
(まあ金払われたらそれで終わりですが)

仮執行宣言ってのは、あいつ金返さないからとりあえず金目の物押さえていいかなって許可みたいなもんです。
いわゆる強制執行ってやつですが、令状は発布されません。
支払督促が令状に代わるものと位置づけられます。

んでまぁ宣言が出ると、今度は仮執行宣言付支払督促が相手に送達されます。
おまえこれで払わないなら差し押さえるぞいいのんか?って裁判所が代わりに脅してくれるわけです。
ここでもまた異議申し立てができますし、
支払えばもちろん終わりですね。

で、さらに2週間ばっくれやがったら、支払督促が確定します。
確定内容は裁判の判決と同じ効力があります。

そしていよいよ差し押さえなんですが、
自分では出来ません。裁判所の担当官がやります。
いついつに家行くから首洗って待ってろという通知が行って、差し押さえに入ります。
相手の口座が割れてる場合は口座に対して差し押さえできるよう銀行に口座凍結を依頼できます。
さらに支払督促が確定している場合は優先的に返す必要性があるので、
ほかに金借りてたりしても関係なくこちらを先に払わせます。便利。

売れそうなもん、現金、不動産等に対しての差し押さえたもので処分した金がこちらに払われます。
差し押さえの競売にかかる費用が4万弱くらいみたいなんですが、
これは当然必要経費として債務者に払わせます。

ここまでの内容証明→支払督促→強制執行の諸費用はすべて債務者持ちです。

なお契約書がない場合は、貸している金に関しての年利は5%(法人だと6%)です。民法に書いてあるので。
取り決めがある場合は別ですが。

とまあそういう時間と労力をかけて、
なんでこんな安い額取り立ててるのかな~っていうと、

単純に舐められてるのが気に食わなかっただけなんですが^^;

怒らせるとどうなるかってのは身をもって体験していただくよりほかにないでしょう……ウフフ