東京電力株式会社プレスリリース

東北地方太平洋沖地震における当社設備への影響について

【午後1時現在】
                             平成23年3月12日
                             東京電力株式会社

 昨日午後2時46分頃に東北地方太平洋沖で発生した地震による、当社設備への主
な影響を以下の通りお知らせいたします。
 ※下線部が新規事項

【原子力発電所】
・福島第一原子力発電所 1~3号機 地震により停止中
            (4~6号機は定期検査中)
※福島第一原子力発電所の半径10km以内の地域住民に対して、国より避難指示が
 出されております。
※モニタリングカーにより発電所構内(屋外)の放射性物質(ヨウ素等)の測定の
 値が通常値より上昇しております。
 引き続き、排気筒や放水口等からの放射性物質の放出の可能性について詳細に監
 視してまいります。
※1号機は、原子炉が停止し、非常用復水器で原子炉蒸気を冷やしておりましたが、
 現在は停止しております。原子炉格納容器内の圧力が上昇していることから、国
 の指示により、安全に万全を期すため、1号機の原子炉格納容器内の圧力を降下
 させるべく努めております。
※2号機は原子炉が停止し、原子炉隔離時冷却系で原子炉に注水を行っています。
 現在、原子炉水位は通常より低いものの安定しております。なお、国の指示によ
 り、安全に万全を期すため、原子炉格納容器内の圧力を降下させる操作の準備を
 行っています。
※3号機は、原子炉が停止し、高圧注水系で原子炉に注水をしております。なお、
 国の指示により、安全に万全を期すため、原子炉格納容器内圧力を降下させる操
 作の準備を行っております。
※その他、1号機の原子炉格納容器の圧力を降下させる操作を実施しておりますが、
 原子炉建屋内で作業をしていた当社社員1名の線量が100mSvを超過しておりま
 す。(106.3mSv)。現在、産業医が不在のため、後日診断することとします。

・福島第二原子力発電所 1~4号機 地震により停止中
※福島第二原子力発電所の半径3km以内の地域住民に対して、国より避難指示が、
 3kmから10km以内の地域住民に対して屋内待避指示が出されております。
※安全を確保するため、原子炉格納容器内の圧力を降下させる措置(放射性物質を
 含む空気の一部外部への放出)の準備を行うことといたしました。
 この措置は、1号機、2号機、4号機において実施することを検討しており、関
 係行政機関へもその旨を通報、連絡しております。
※3号機については、午後0時15分に「原子炉冷温停止」状態となっております。

・柏崎刈羽原子力発電所 1、5、6、7号機は通常運転中
            (2~4号機は定期検査中)

【火力発電所】
・広野火力発電所   2、4号機 地震により停止中
・常陸那珂火力発電所 1号機 地震により停止中
・鹿島火力発電所   2、3、5、6号機 地震により停止中
・大井火力発電所   2、3号機 地震により停止中 
・東扇島火力発電所  1号機 地震により停止中

【水力発電所】
・福島県内で5発電所が地震により停止中(山梨県内の発電所は復旧済み)

【流通設備等への影響】
 地震により、当社の変電所は5ヵ所が停止中
・那珂変電所   地震により停止中
・新茂木変電所  地震により停止中
・常磐変電所   地震により停止中
・茨城変電所   地震により停止中
・水戸北部変電所 地震により停止中

【当社サービスエリアにおける停電状況】
・ 合計 約71万軒が停電中
  東京都 : 277軒
  神奈川県: 0軒
  栃木県 : 96,838軒
  千葉県 : 67,311軒
  埼玉県 : 0軒
  群馬県 : 0軒
  茨城県 : 549,195軒
  山梨県 : 0軒
  静岡県 : 0軒(富士川以東)
  
【当社サービスエリアにおける電気の安定供給確保にむけた取り組み需給状況】
・新信濃変換所からの応援受電 60万kW
・佐久間変換所からの応援受電 30万kW
・東清水変換所からの応援受電 10万kW
・電気の復旧については全力を挙げて取り組んでおりますが、本日につきましても、
 極めて厳しい電気の需給状況が予想されます。何とぞ、広く皆さまの節電へのご
 協力をいただきたく、お願い申しあげます。

【その他】
・切れた電線には絶対にさわらないでください。
・また、漏電による火災防止のため、自宅を離れる際には、分電盤のブレーカーを
 下げて外出してください。
・自家発をお持ちのお客さまにつきましては、燃料の確保等をお願いいたします。

                                  以 上